第2あつべつ幼稚園は札幌市厚別区厚別西にある幼稚園です。

園便りでは日々の園児のようすなどをお知らせします。

サイトトップ > 第2あつべつ幼稚園トップ > 園便り

園便り

なかなか暖かい日が続かない6月でしたが、小暑を控え、これから最も暑い時節となります。北海道の短い夏を楽しみたい心境ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、予定していた幼稚園の諸行事も中止せざるを得ない状況であります。詳しくは後日あらためてお知らせいたします。

自粛解除となり徐々に幼稚園生活に慣れてきたこども達。楽しげな声が園庭から聞こえる度に、やっと日常が戻ってきたという感じがいたします。

本来であれば、春に遠足やお散歩に沢山行って、2学期の運動会の為に足腰を鍛えるのですが、今年は全く出来ておりません。何か良い方法はないかと思案し、駐車場をサーキット場に変えて、年長さん、年中さんはバギーや三輪車、年少さんは機関車やかわいい車を足でこいで、楽しみながら足腰を鍛えてくれています。自粛生活がホントに長かったので、心から楽しんでいる様子が窺えてホッとしております。

今まで当たり前のように出来ていたことが出来ないということが、こんなに苦しいものかと痛感しております。ただこども達の笑顔がそんな滅入った気分を吹き飛ばしてくれています。

今後も「新しい生活様式」を踏まえて十分にコロナウイルス対策を講じて参ります。保護者の皆様には様々な形でご理解、ご協力をお願いすることになると思いますが、まずは夏休みまで、一緒に頑張りましょうね!

▲top

7月の目標(ねらい)

年長組
暑さに負けない丈夫な身体作りをし、友だちと一緒に夏ならではの遊びを楽しむ
年中組
友だちと積極的に関わり、夏ならではの行事や遊びを楽しむ
年少組
夏の遊びを通し、友だちや先生との時間を楽しむ

▲top

7月の保育主題

照育(しょういく)~おそだて~

今月の主題は照育です。照育とは、照らす、育てると書きますが、これはよく観察し、考えたりして育って欲しいという願いが込められた言葉であります。

よく申し上げることですが、私達は、いろいろなものの犠牲がなければ生きては行けません。あらゆるものの命の犠牲、あらゆる命を頂かなければ私たちは生きてはいけないのです。我々の主食であるお米は、最初から私達に食べられるために育っていたのでしょうか? また、お魚や、牛、豚、鳥は私達に食べられるために生まれてきたのでしょうか? それらの意志はわかりませんが、少なくとも自分の命が取られるということは、恐ろしいことと思っているのではないでしょうか。

お花が大きく育って行くためには、お水が必要です。また、太陽の光が必要です。それらの助けがなければお花はきれいな花を咲かせることが出来ずに枯れてしまいます。これらと同じように私達は、いろいろなものの命、そして様々な人の助けがなければ生きては行けないのです。しかしながら自分のことをふりかえって考えてみますと、なかなかこのようにいろいろなものに助けられて生きているということを感じることが出来ずに、毎日の生活を過ごしているのが私たちの本当の姿なのではないでしょうか? ともすれば自分勝手ととられるような生活、自分一人だけの力で生きてきたんだと思いこんでいることではないでしょうか?

私がこの世に生まれてこれたのは二人の両親のおかげであります。私の両親にもそれぞれに二人の親がいます。自分から数えて10代さかのぼると、自分にはなんと2046人という親がいるそうであります。私という存在は、私一人の力で今日まで生きてきたのでしょうか? 私という存在は、両親はもちろん、いろいろな方々、いろいろなもののお世話にならなければ、生きてはこられなかったのです。生きていることは当たり前のことでしょうか? 心臓が鼓動しているのは当たり前のことでしょうか? 私達は当たり前のように生きているのではない。生かされているのだ。そして心臓が鼓動していることは不思議なことなんだと思える大人になって欲しい。そんな願いがこめられている言葉が今月の主題「照育」であります。

こどもたちだけではなく、お父さん、お母さん方も、この「照育」という言葉から、自分が何のためにこの世に生まれさせていただいたのか、また何のために生かされているのかということを自覚して生きていくことはとても大変なこととは思いますが、これを心においてこれからの日暮しをさせていただくと、また違った人生の歩みを運べるのではないかと思うことであります。こどもたちには、在園中に一番身につけていただきたいことであり、現代を生きる私達が忘れてしまっている、とてもとても大切なことであると思うことでございます。よくよく心に刻んでいきたい、そして感じていただきたいと願うことであります。

合掌

▲top

おしらせ

  • 今年のプール遊びは残念ですが、コロナウイルス感染防止のため、密になる、飛沫が飛ぶことから市教委からもプールの中に入っての活動は中止にするようにと指導が来ています。残念ですが、水着になっての活動はできませんが、水をかけたり、ミストで涼んだり、泥んこなどの水遊びを厚別幼稚園の園庭で楽しみたいと思います。
    厚別幼稚園へ行く日は前もってお知らせしますので、着替えを持たせて、汚れても構わない服装で登園してください。
  • めだかのようちえんについて
    別紙でもお知らせしますが、新型コロナウイルス感染症拡大予防のために開催出来ていなかった未就園児の親子サークル『めだかのようちえん』が8月17日(月)から始まります。10時から11時30分設定の活動が始まります。10時からはホールを開放していますので早めに来て遊んでいただいても構いません。ご兄弟、ご近所のお友達を誘って遊びに来て下さいね!
    定員は25組です。シールカードや名札を用意しておりますので、必ず受付をしてください。
    今年度は仮園舎のため厚別幼稚園で行います。
  • 予定していた「お泊まり会」・「盆踊り大会」・「バザー」については、6月に父母の会役員さんと今年度初めてのお話し合いをさせていただき、意見交換を致しました。中止の場合の代替案など具体的なお話しをさせていただきましたが、姉妹園である厚別幼稚園と交流ということもありますので、結論についてはもう少しお時間をいただきたいと思います。後日あらためてお伝え致します。
  • 引き続き、手洗い、手指消毒、暑くなってきますがマスクの着用など、「新しい生活様式」に乗っ取った生活をご家庭でも心掛けてくださいね。

▲top

行事予定

7日(火)七夕の集い
♪ささのは~さらさら~子ども達のかわいい声が聞こえてきます。日本情緒あふれる行事の一つ「たなばた」。幼稚園でも七夕飾りを作り、お願い事を短冊に書いて笹の木に飾ります。そして、集いの中では、みんなでゲームなど楽しく過ごします。みんなのお願いがお星さまに届くといいですね!
31日(金)終業式
今年度はコロナウイルス感染症のため、1学期の終業式が31日まで延期となりました。
休園期間が長かったこともあり、やっと園生活に慣れ、日常の生活スタイルを崩したくないという観点から、予定を変更し、31日を終業式と致します。尚、20日から31日の終業式までは午前保育となります。
2学期は12月25日が終業式となります。

▲top

7がつうまれのおともだち たんじょうびおめでとう

お誕生会は、7月14日(火)です。3名のおともだちの誕生をお祝いします。

▲top

▲top