第2あつべつ幼稚園は札幌市厚別区厚別西にある幼稚園です。

園便りでは日々の園児のようすなどをお知らせします。

サイトトップ > 第2あつべつ幼稚園トップ > 園便り

園便り

ひと雨ごとに寒さが増す季節となりました。

道路や公園の木々も赤や黄色にときれいに色付いています。子ども達は寒さに負けず、戸外でも元気に過ごしてくれています。お散歩に出掛け、きれいな落ち葉を拾って作品作りや、どんぐりでケーキやマラカスを作ったり、秋の自然あそびを楽しんでいます。

今月はいよいよ発表会に向けての活動が始まります。成長の節目ともいわれます発表会。やる気いっぱいの子どもたちですので、素敵な発表を見せてくれることと思います。今は少し落ち着きがみられていますが、今後のコロナウイルスの感染が心配ですが、今まで同様、感染対策に取り組みながら進めていきたいと思います。当日もおうちの方にはご理解ご協力をいただくことになりますが、どうぞよろしくお願いします。

秋から冬へと季節が移り、寒さも厳しくなります。コロナウイルス+インフルエンザの感染も増えてきていますので手洗い・うがいを忘れずに、寒さ・風邪に負けず元気に過ごしていきたいと思います。今月もよろしくお願いいたします。

▲top

今月の保育主題

領解(りょうげ)~こころがけ~

11月の保育主題は領解(りょうげ)、こころがけです。領解とは簡単に申しますと、み仏の教えを受けて、その教え通りに体認することであります。もう少しわかりやすく申しますと、仏さまの教えを心から納得、理解し、それを自己の日常生活に現すように、“こころがける”ことであります。また「こころがける」とは、自分のことだけではなく、人のことを、こころがけることであります。

こころがけると一口に言ってもなかなか実行できないのが私たちであります。例えば何か約束をしてそれを守れなかったり、きまりを守れなっかたりしてしまうことは、日常の中で多々あることです。これは、お子さんだけではなく私達、一般的に”大人”と呼ばれるものたちにも思い当たることが、実はたくさんあることではないでしょうか。

ほとんどのこどもたちは、春先にくらべ、もうこの時期になるとすっかり、こころもからだも成長し、じぶんひとりの身勝手な行動でみんなにめいわくをかけるということを理解、納得できるようになり、ともだちやみんなのことを考えて生活できるようになってきています。その成長した部分をより促すために、何か約束事をしたり、きまり事を決めて、集団のなかにいる自分という存在に目覚めて、自分のことだけではなく、ひとのことを、こころがけられるようになって欲しいという願いを込めて、今月の主題に、領解(こころがけ)を上げさせていただいております。

先に、”大人”と呼ばれる私達でも、約束を守れなかったり、きまりを守れなっかたりしてしまうことはたくさんありますと述べましたが、この時期にこそ、こどもさんといっしょに何か約束をしたり、きまりをつくったり、今年は特に新型コロナウイルス感染症拡大ということもありますので、例えばお家に帰ったらまず手を洗う、うがいをするなどの約束事をしてはいかがでしょうか。

子ども達と一緒に、自分は集団のなかの一人、社会のなかの一人、家族の一員なんだということを知っていただきたい、また再確認していただきたいと思うことであります。それは、非常に簡単なことかもしれませんし、とても常識的なことかもしれません。それぞれに思い当たることがあるとは思い ますが、お子さんといっしょにふりかえり、“こころがけ”ていかなければならないのではないでしょうか。そのためには、約束やきまりを守らなければなりません。いろんな事情があるかもしれませんが、お子さんとの約束は必ず守るようにお願いいたします。ともだちやみんなのことをこころがける日常生活にこそ、お子さんの豊かな温かい情操が芽生えてゆくのではないでしょうか。ひとの幸せをつねにこころがけられるようになる。これこそが仏教でいう、慈悲(真実の愛)のこころであります。なかなか実行するのは難しいことではありますが、共々にお育ていただきたいと思うことであります。

合掌

▲top

11月の保育

0歳児(たまご)組
・秋の自然を感じながら戸外で元気に遊ぶ
・簡単な身の回りのことをしようとする
1歳児(ひよこ)組
保育者を通して友だちとのかかわりを持ったり、一緒に遊ぶことを楽しむ
2歳児(うさぎ・りす)組
・保育者や友だちと一緒に表現遊びを楽しむ
・手洗いや鼻をかむ等の大切さの意味を理解し自分でやろうとする
3歳児(こあら)組
秋の自然を感じながら、友だちとルールのある遊びを楽しむ
4歳児(ぱんだ)組
表現遊びを楽しんだり、友だちと力を合わせて一つのものを作り上げる喜びを知る
5歳児(らいおん)組
・友だちと一緒に苦手なことにも挑戦する
・発表会に向けて友だちと助け合いながら気持ちを一つに活動に取り組む

▲top

ご協力をお願いします!

12月に予定しています、お店屋さんごっこの材料を集めたいと思います。ご協力をお願いします!
・わりばし
・ラップの芯 
・プリンカップ
・発砲スチロールのお皿
・空箱
・包装紙
・リボン
・毛糸 …ETC。
ビン.缶.牛乳パック,トイレットペーパー の芯は集めません。
どうぞよろしくお願いいたします!
きれいに洗ってくださいね!

▲top

発表会について

27日(土)の発表会は子どもたちもドキドキもするけど、楽しみだね!と張り切っています。クラスで、何をするか相談したり、歌を歌ったり、踊ったり活動が始まりました。園生活で身に付けたこと、発表会を機に挑戦すること、発表は様々ですが、どの子もキラキラ輝いて発表会を迎えてほしいと思います。

コロナウイルス感染も落ち着いてきましたが、1か月後の様子を見ながら、観覧の人数を決めていきたいと思います。また未満児クラス、以上児クラスの2部に分けて行います。時間など、詳細はお便りでお知らせしますので見落としのないよう、よろしくお願いいたします。

お手伝いの保護者の皆さま、よろしくお願いいたします。お手伝いの内容は子どもの着替え、待ち時間のお世話です。詳細はお便りでお知らせします。

▲top

お泊らない会WEEK

先週、年長組の「お泊らない会」がありました。今年は「お泊まらない会WEEK」ということで、子どもたちがお泊り会でしたかったことを行いました。

月曜日はカレー作り、火曜日は園外保育、水曜日は年長さんだけでの仏参、木曜日はゲーム大会、そして金曜日は夕方から集合して夜の集いを楽しみました。夜の集いは懐中電灯を持って、夜の幼稚園を探検して、「お化け屋敷」「迷路」「プラネタリウム」「頑張るコーナー」でサッカーのゴールを全員連続で決めたり、「お泊り会体験コーナー」では力を合わせてお布団を敷いて寝るという楽しいひと時をみんなで過ごしました。そして、みんなが会いたかった「やすらぎレンジャー」も遊びに来てくれて大喜びでした。最後にやすらぎレンジャーからペンダントのプレゼントももらって嬉しそうにお迎えに来てくれた保護者の方に報告していました。

コロナ禍の中で我慢を強いられていますが、ほんのひと時でも子どもたちが心から楽しんで、思い出の一つになってくれたことを嬉しく思いました。

▲top

行事予定

▲top

11月うまれのおともだち たんじょうびおめでとう

11月のお誕生会は、16日(火)です。4名のお友だちの誕生をお祝いします。

▲top

▲top