第2あつべつ幼稚園は札幌市厚別区厚別西にある幼稚園です。

園便りでは日々の園児のようすなどをお知らせします。

サイトトップ > 第2あつべつ幼稚園トップ > 園便り

園便り

7月号

暦の上では夏となりますが気温が高かったり、低かったりとまだまだ不安定な日々が続いており、なかなか体がついていきませんね。

年長組の子供たちも、今月半ばにおこなわれる「おとまりかい」に向けて、みんなで力を合わせて、楽しいおとまりかいになるようにと、みんなの力をひとつになるよう、活動にも積極的に取り組む姿が見られて頼もしさを感じるようになってきました。

年中少組の子ども達も暖かい日は、園庭でどろんこ遊びに夢中になり、楽しい笑い声が幼稚園内に聞こえてきています。

今学期も残りわずかとなってきましたので、お子様が楽しく園生活を送り、少しでも成長の過程へとつながっていけますよう、今月も職員一同、気持ちをひとつにしながら見守っていきたいと思います。

▲top

7月の保育主題

照育(しょういく)~おそだて~

今月の主題は照育です。照育とは、照らす、育てると書きますが、これはよく観察し、考えたりして育って欲しいという願いが込められた言葉であります。

よく申し上げることですが、私達は、いろいろなものの犠牲がなければ生きては行けません。あらゆるものの命の犠牲、あらゆる命を頂かなければ私たちは生きてはいけないのです。

我々の主食であるお米は、最初から私達に食べられるために育っていたのでしょうか?また、お魚や、牛、豚、鳥は私達に食べられるために生まれてきたのでしょうか?それらの意志はわかりませんが、少なくとも自分の命が取られるということは、恐ろしいことと思っているのではないでしょうか。お花が大きく育って行くためには、お水が必要です。また、太陽の光が必要です。それらの助けがなければお花はきれいな花を咲かせることが出来ずに枯れてしまいます。これらと同じように私達は、いろいろなものの命、そして様々な人の助けがなければ生きては行けないのです。

しかしながら自分のことをふりかえって考えてみますと、なかなかこのようにいろいろなものに助けられて生きているということを感じることが出来ずに、毎日の生活を過ごしているのが私たちの本当の姿なのではないでしょうか? ともすれば自分勝手ととられるような生活、自分一人だけの力で生きてきたんだと思いこんでいることではないでしょうか? 私がこの世に生まれてこれたのは二人の両親のおかげであります。私の両親にもそれぞれに二人の親がいます。自分から数えて10代さかのぼると、自分にはなんと2046人という親がいるそうであります。私という存在は、私一人の力で今日まで生きてきたのでしょうか? 私という存在は、両親はもちろん、いろいろな方々、いろいろなもののお世話にならなければ、生きてはこれらなかったのです。生きていることは当たり前のことでしょうか? 心臓が鼓動しているのはあたりまえのことでしょうか? 私達は当たり前のように生きているのではない。生かされているのだ。そして心臓が鼓動していることは不思議なことなんだと思える大人に成って欲しい。そんな願いがこめられている言葉が今月の主題「照育」であります。

こどもたちだけではなく、お父さん、お母さん方も、この「照育」という言葉から、自分が何のためにこの世に生まれさせていただいたのか、また何のために生かされているのかということを自覚して生きていくことはとても大変なこととは思いますが、これを心においてこれからの日暮しをさせていただくと、また違った人生の歩みを運べるのではないかと思うことであります。こどもたちには、在園中に一番身につけていただきたいことであり、現代を生きる私達が忘れてしまっている、とてもとても大切なことであると思うことでございます。よくよく心に刻んで行きたい、そして感じていただきたいと願うことであります。

合 掌

▲top

プールバックのご準備をお願いします

これからは少しずつ気温も上がり、夏らしい日々がやってきますね。幼稚園でも気温の高い日は屋上で「水遊び」を行っていきます。
そこでお子様の水遊びの準備をお願いいたします。

ビニールのバックに水着・ビニール袋(濡れた水着を入れます)・バスタオルを入れてお子様に持たせてください。
水遊びの間は、毎日幼稚園にプールバックを置いてくださいますよう選択のご協力をお願いします。似たようなものが多くなりますので、お子様の持ち物すべてに記名をお願いいたします(プールバックにも…)。
水遊びを行った日は、その日に持ち帰りますので、お洗濯をして翌日お子様に持たせてくださいね。
おむつの撮れていないお子様は、水遊び用のおむつに記名をしてプールバックに入れてください(使用したおむつはこちらで処分します)。

▲top

七夕

7月7日は、七夕ですね。北海道ではひと月遅く8月7日に七夕を行うようで、最近では子供たちが「ろうそくだせだせ~よ」と歌いながら近所のおうちを回り、おやつをいただく光景もだんだんとみられなくなってきましたが、幼稚園では7月4日に「七夕の集い」を行います。

この日は、いつもと雰囲気を変えて、子ども達に浴衣や甚平で参加してもらいます。いつもよりおめかしした子ども達のお願い事が叶うといいですね~ 尚、この日はそのあとに普通の保育とナリお弁当がありますので、着替えが必要な方はお子様に持たせてください。着替えが必要でなく、一日その姿で過ごしても良い方は着替えはいりません。

▲top

行事予定


七夕つどい
日本の情緒豊かな子供の夢を育む行事で、短冊に願い事を書いたり七夕飾りを作ったりして柳の木に吊るし飾って楽しみます。浴衣(ゆかた)か甚平があれば着てきてください。登降園は普段通りで通常保育を行います。
ふれあい交流(父母の会)
札P連主催「玉入れ」
保育懇談会
各クラスとも10:30から45分程度
盆踊り大会
会場は西公園 この日に向けうちわやちょうちん作りを行い当日使用します。当日は食べ物やゲームの出店や盆踊り、花火など盛りだくさんですのでお家の方、お知り合いの方々とご一緒に参加ください。
1学期終業式
1学期中の成長を認め、夏休みの約束事をみんなで確かめ合います。
お泊まり会(年長さん)
6月半ばから厚別幼稚園との交流を当日まで10回程重ね当日を迎えます。19日(金)お昼頃から厚別幼稚園に集合し、円山登山、夕食づくり、銭湯、夜の集い、就寝、20日(土)床上げ、身支度、ラジオ体操、朝食、清掃そして解散と計画が先生方によって練られています。親元を離れ、多くの友達や先生達と生活を共にし、園に一泊するということで楽しみや期待のほかに、不安な気持ちもあるかもしれません。友達と一緒に力を合わせ、助け合い、そして自分のことは自分でする等を配慮しながら、楽しく過ごすことのできるよう、全職員で見守り、援助してまいります。
2学期始業式
8月21日(水)

▲top

7がつうまれのおともだち たんじょうびおめでとう

7月に誕生日を迎えられるお子様の「お誕生会」を11日(木)10:30~より行います。
4名のお友だちの誕生をお祝いします。

▲top

お子様が園生活を送る中、何かお気づきの事などございましたら、ご遠慮なく担任までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

▲top

▲top