第2あつべつ幼稚園は札幌市厚別区厚別西にある幼稚園です。

園便りでは日々の園児のようすなどをお知らせします。

サイトトップ > 第2あつべつ幼稚園トップ > 園便り

園便り

10月号

朝晩がめっきりと涼しくなり、夜になると虫の音が聞こえるようになり、すっかり秋めいてきましたね。公園では仲良しトンボもたくさん見られるようになりました。

先月は大きな行事の運動会もあり、おうちの方々のご協力もあり、大変盛り上がった運動会となり、子どもたちもちょっぴり成長したようで、少しずつ、頑張る気持ちも強くなってきているようです。 10月も、遠足た父母の会主催のバザーやいもパーティーなど、子どもたちの楽しい活動が盛りだくさんです!季節を感じながら毎日を過ごしていきたいと思います。

▲top

10月の保育主題

聞法(もんぽう)~よくききます~

今月の主題は聞法(もんぽう)。よくききますです。聞法とは、浄土真宗において一番大切なことです。それは仏さま(ののさま)が、私たちが迷わず生きていく為に、そして真実の道しるべをつけてくれた方向に歩んでいけるように残して頂いた方法や術を聞かせて頂くことです。よくお寺でそのような行事を定期的に行っていることをご存じの方がいらっしゃると思いますが、法(仏様の教え)を聞かせて頂くということが、私達の浄土真宗では一番大切な事なのです。

ひとくちに「聞く」と言っても、聞くという形は同じでも、その受け止め方には、深さや、浅さの度合いの差がいろいろあるように思われます。耳によって、いろんな音や声を聞くという形は、聞くという形において、よく知られていることですが、生活の中に受け止めていく深さについては、いろいろ度合いの差があるようです。

聞くには聞いたけれども、つまらないことだと気にしないこともあるでしょう。あるいは、単に聞くだけは聞くということもあります。
又、聞いたとき、そのこと、その人に全面的に頭が下がる。おっしゃるとおりでございますというほどに深く、強い信頼をもって聞き入れるということもあります。ひとくちに「聞く」と言っても、その受け止め方にはこのようにいろいろあるのです。

宗教の世界では、最後の全面的信頼を持って受け止めて「聞く」ことこそ、もっとも理念的であるとされています。浄土真宗の開祖である親鸞聖人はこのようにおっしゃいました。「聞はそのまま信である」(聞即信 もんそくしん)。法(仏様の教え)に向かって全面的信頼を持って、自分の生活の中に受け止めることであります。礼拝(手を合わせ頭が下がる)とはまさにこのような聞法が形の中にあらわれた姿であります。なかなか人の話を素直に聞くということは難しいことではございますが、少なくとも私たち大人よりまだ素直な感性を持っている幼児期のこどもたちの為にこそ、真実の方向へ歩んで行ける為の道しるべを私たちが付けてあげるお手伝いをしなければならないのではないかと思います。その為には、私たち自身、少しでも素直な感性を呼び起こして、人の話に耳を傾けられるような日送りをさせて頂かなければならないと強く思うことであります。

8月の主題で、はずかしいとありがたいは同じ一つの心なのだということを申し上げました。人に注意されて、聞き流すのか、しっかりその言葉を受け止めて反省し、ありがとうという感謝の気持ちを持てるか。ものすごく難しいことだと思います。しかしながらそういった姿勢を、大人である私たちが、こどもたちに示すことが出来なければいけない時代に私たちは生かされています。昨今の少年犯罪の要因として、このようないい加減な大人が増加した事が原因の一つといわれております。気持ちを引き締めて、お一人おひとり、それぞれ思うことは違うかも知れませんが、真剣に考えて頂きたいと心から思うことでございます。昔の親は理不尽な位、厳しかった。その親の姿を思い返すと、とにかく人の話は素直に聞き入れ、近所付き合いを大切にしていたように思います。昔に戻ることは出来ませんが、大変な時代に身を置かせて頂いているということをお一人おひとり真剣にご理解して頂いて、子育て、保育、共々に頑張って行きたいと心から思うことでございます。こどもたちの未来のために頑張りましょう!!

合 掌

▲top

札幌市私立幼稚園教育研究大会がありました

27日(金)札幌市私立幼稚園研究大会があり、当園が公開保育の会場園となり、保育の様子を見ていただきました。子どもたちもたくさんのお客さんの中でいつもと雰囲気が違うことを察したようで、ちょっと緊張気味で表情が硬い子もいましたが、時間が経つといつも通り・・・のびのびと遊ぶ姿が見られました。

運動コーナー・ままごとコーナー・ブロックコーナーと3つのコーナーに分かれて自分の好きな遊びを見つけて十分に遊んでいた子どもたち、そんなのびのびした様子をしっかりと見ていただきました。

午後からは研究発表ということで、当園の柱となっている「仏教保育」の取り組みの様子を報告させていただき、とても充実した研修会となりました。

登降園やバス時間変更や、のびのびがなかったりなどいろいろご迷惑もおかけしてしまいましたが、ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。

▲top

父母の会バザーがあります

新年度になってから父母の会会長さんはじめ役員の皆様が中心となって準備を進めてくださっている「父母の会バザー」が10月5日(土)に行われます。

子どもたちが楽しめるようにと…役員さんが中心になっていろいろとアイディアを出して内容を検討していただき、会員の皆様のご協力で開催されますね。当日お天気に恵まれるといいですよね~

幼稚園の中に楽しいお店もたくさんあります。また、外では先生方のやきとりを始め、あげいも焼きそば、お野菜などなど美味しいものが勢ぞろい!どうぞ、ご近所お誘いのうえ幼稚園に遊びに来てくださいね。

▲top

おしらせ

父母の会バザー
子どもたちのためにと、1学期から役員、委員の皆さんが中心となり準備を進めてきました。お忙しいなか有難うございます。
秋の遠足
詳細は後日ご案内します。
厚別北中インターンシップ
14名の厚別北中生が職業体験学習で遊びに来ます。
やすらぎ学園創立50周年事業
昭和24年に始まった安楽寺での季節保育所が昭和44年に厚別幼稚園として開設、55年厚別西に第2あつべつ幼稚園が開設されました。今年はやすらぎ学園創立50周年を迎えることになりました。これを祝って子どもコンサート、同窓会、祝賀会が予定されています。
いもパーティー
先月、年長さんが春に植えたイモを収穫しました。そのイモを使って子どもたちが調理します。年長さんは包丁を使って切る、年中さんはふかしたイモをつぶす、年少さんはデザートつくりと作業分担してお昼をいただきます。お弁当はいりません。
体験入園
体験そして願書配布と来年度の入園に向けて、準備がされています。たくさんのお友達ができるといいですね。

行事予定

▲top

10がつうまれのおともだち たんじょうびおめでとう

お誕生会は、10月25日(金)午前10:30~です。
誕生児のおうちの方は、10:25まで幼稚園にお越しください。
誕生児のおうちの方に、お誕生会近くに招待状が届きます!

▲top

お子様が園生活を送る中、何かお気づきの事などございましたら、ご遠慮なく担任までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

▲top

▲top