厚別幼稚園は札幌市厚別区厚別中央にある幼稚園です。

園便りでは日々の園児のようすなどをお知らせします。

サイトトップ > 厚別幼稚園トップ > 園便り

園便り

あっという間の夏休みが終わり今日から2学期がスタートしました!  新型コロナウイルスが蔓延する中、工夫を凝らして夏休みならでわの体験やご家族でのお出掛けなど、楽しくお休みを過ごしてくれたことと思います。久しぶりに子ども達の元気な笑顔を見て、新学期への期待が膨らんだことでありました。

昨年の2学期は、運動会や発表会をはじめ、大きな行事や楽しい活動が、新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点から内容変更や残念ながら中止となることがありました。しかしその都度、こども達みんなで知恵を出し合い、いま出来る事を考えて素晴らしい形にしてくれました。今学期もおそらく昨年と同じようなことになるかとは思いますが、こども達が様々な経験や苦難を重ねる中で、心身ともに強く大きくなってくれることを心から願うことでございます。難しいこと、新しいことに挑戦しながら充実した園生活を過ごせるよう支えて参りたいと思います。今後も十分に感染症対策を講じて参ります。保護者の皆様には、今学期も様々な場面でご理解やご協力を賜ることと思います。どうぞよろしくお願い致します。

▲top

8月の保育

年長組
園生活のリズムを取り戻し、2学期の活動に期待を持ち自信を持って取り組む
年中組
園生活のリズムを取り戻し2学期に期待を持つ
年少組
・園生活のリズムを取り戻す
・友だちと一緒に活動することを楽しむ

▲top

今月の保育主題

聞法(もんぽう)~よくききます~

今月の主題は聞法(もんぽう)。よくききますです。聞法とは、浄土真宗において一番大切なことです。それは仏さま(ののさま)が、私たちが迷わず生きていく為に、そして真実の道しるべをつけてくれた方向に歩んでいけるように残して頂いた方法や術を聞かせて頂くことです。よくお寺でそのような行事を定期的に行っていることをご存じの方がいらっしゃると思いますが、法(仏様の教え)を聞かせて頂くということが、私達の浄土真宗では一番大切な事なのです。ひとくちに「聞く」と言っても、聞くという形は同じでも、その受け止め方には、深さや、浅さの度合いの差がいろいろあるように思われます。耳によって、いろんな音や声を聞くという形は、聞くという形において、よく知られていることですが、生活の中に受け止めていく深さについては、いろいろ度合いの差があるようです。聞くには聞いたけれども、つまらないことだと気にしないこともあるでしょう。あるいは、単に聞くだけは聞くということもあります。又、聞いたとき、そのこと、その人に全面的に頭が下がる。おっしゃるとおりでございますというほどに深く、強い信頼をもって聞き入れるということもあります。ひとくちに「聞く」と言っても、その受け止め方にはこのようにいろいろあるのです。

宗教の世界では、最後の全面的信頼を持って受け止めて「聞く」ことこそ、もっとも理念的であるとされています。浄土真宗の開祖である親鸞聖人はこのようにおっしゃいました。「聞はそのまま信である」(聞即信 もんそくしん)。法(仏様の教え)に向かって全面的信頼を持って、自分の生活の中に受け止めることであります。礼拝(手を合わせ頭が下がる)とはまさにこのような聞法が形の中にあらわれた姿であります。なかなか人の話を素直に聞くということは難しいことではございますが、少なくとも私たち大人よりまだ素直な感性を持っている幼児期のこどもたちの為にこそ、真実の方向へ歩んで行ける為の道しるべを私たちが付けてあげるお手伝いをしなければならないのではないかと思います。その為には、私たち自身、少しでも素直な感性を呼び起こして、人の話に耳を傾けられるような日送りをさせて頂かなければならないと強く思うことであります。

8月の主題で、はずかしいとありがたいは同じ一つの心なのだということを申し上げました。人に注意されて、聞き流すのか、しっかりその言葉を受け止めて反省し、ありがとうという感謝の気持ちを持てるか。ものすごく難しいことだと思います。しかしながらそういった姿勢を、大人である私たちが、こどもたちに示すことが出来なければいけない時代に私たちは今生かされています。昨今の少年犯罪の要因として、このようないい加減な大人が増加した事が原因の一つといわれております。気持ちを引き締めて、お一人おひとり、それぞれ思うことは違うかも知れませんが、真剣に考えて頂きたいと心から思うことでございます。

昔の親は理不尽な位、厳しかった。その親の姿を思い返すと、とにかく人の話は素直に聞き入れ、近所付き合いを大切にしていたように思います。昔に戻ることは出来ませんが、大変な時代に身を置かせて頂いているということをお一人おひとり真剣にご理解して頂いて、子育て、保育、共々に頑張って行きたいと心から思うことでございます。こどもたちの未来のために頑張りましょう!!

合掌

▲top

おしらせ

  • 後日詳細をお知らせしますが、運動会(9月25日(土)開催予定)は、今年も全園児参加のもと開催させていただく予定としております。全園児の成長をみんなで確認し、コロナ禍の中でもみんなでがんばったねと感じられる運動会にしよう!と話し合いを重ねております。密を避け、マスク着用で競技を行います。午前中で終了するよう準備を進めております。競技については昨年同様に身体の接触がないもの、踊りを中心にプログラムを構成する予定です。
    尚、現在、「まん延防止等重点措置」が取られておりますが、「緊急事態宣言」にフェーズが変更になった場合は延期、もしくは中止となる可能性があります。(公的施設が使用出来なくなるため)開催できた場合には保護者の有志の方々を募りお手伝いをいただきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。
  • うれしいお知らせです!
    年長ゆり組の担任 さくら先生が、かねてより交際をされていた方と入籍されました!
    コロナ禍の中でやむなく結婚式や披露宴を延期、中止にされる方が多いと聞いております。さくら先生も大変困難な中、ご入籍されました。本来であればご 家族やご親戚、多くの友人に祝福していただきたいところではありますが、いまのところ予定が立たないということで、籍だけを入れるというご判断をされ ました。今後の予定は感染症の状況を鑑みながらということになりそうですが、まずは本当におめでとうございました!末永いお幸せを願っています!

▲top

お願い

引き続き、健康観察カード(検温・体調管理)のご記入をよろしくお願いいたします。また、手指消毒、マスク着用などコロナ対策も長期間になり、だんだん気が緩んで参りますので、今一度みんなで気をつけましょうね!

▲top

行事予定

お昼ご飯(8月26日から)
お昼ご飯が始まります!
密にならぬよう広く間隔をあけてお食事します!
誕生会 27日
8月の誕生会! おともだちの出し物が楽しみですねー! お楽しみに! 
5名のおともだちの誕生をお祝いします。

▲top

▲top