厚別幼稚園は札幌市厚別区厚別中央にある幼稚園です。

園便りでは日々の園児のようすなどをお知らせします。

サイトトップ > 厚別幼稚園トップ > 園便り

園便り

暖かい日が続き、園庭で楽しく遊ぶこども達の声がとても心地良く聞こえています。

さて、新型コロナウイルス感染症拡大により発出されていた「緊急事態宣言」が明け、「まん延防止等重点措置」に移行いたしました。7月11日までの期間ですが、現在、北海道、札幌市の皆様のご努力により感染者数は減少傾向にあります。このままの状態が続けば良いなあと考えておりますが、7月末から東京オリンピックに係るサッカーの予選や、8月にはマラソンが札幌で開催されます。多くの人の流れが生じ、そこからまた感染者数が増加するであろうとの予想がされております。まだまだ気が抜けないですね。

幼稚園では、予定していた諸行事の中止や延期をせざるを得ない状況であります。詳細は裏面やクラスだよりなどでお伝えします。保護者の皆様には、この自粛期間中、「家庭保育」などご協力を賜り有難うございました。これからどんどん暖かくなり、園外での活動が盛んになります。こども達には、せめて屋外での活動の時くらい、こどもらしく大きな声を上げて活動させてあげたいと考えています。今後も引き続き、十分に感染対策を講じて参ります。保護者の皆様には様々な形でご理解、ご協力をお願いすることになると思いますが、まずは夏休みまで、一緒に頑張りましょうね! 

▲top

7月の保育

年長組
暑さに負けない身体を作り、友だちと一緒に夏ならではの遊びを楽しむ
年中組
夏の行事や遊びを友だちと一緒に楽しむ
年少組
夏の遊びを通し、友だちと一緒に活動を楽しむ

▲top

今月の保育主題

「照育(しょういく)」~おそだて~

今月の主題は照育です。照育とは、照らす、育てると書きますが、これはよく観察し、考えたりして育って欲しいという願いが込められた言葉であります。

よく申し上げることですが、私達は、いろいろなものの犠牲がなければ生きてはいけません。あらゆるものの命の犠牲、あらゆる命を頂かなければ私たちは生きてはいけないのです。我々の主食であるお米は、最初から私達に食べられるために育っていたのでしょうか? また、お魚や、牛、豚、鳥は私達に食べられるために生まれてきたのでしょうか? それらの意志はわかりませんが、少なくとも自分の命が取られるということは、恐ろしいことと思っているのではないでしょうか。お花が大きく育って行くためには、お水が必要です。また、太陽の光が必要です。それらの助けがなければお花はきれいな花を咲かせることが出来ずに枯れてしまいます。これらと同じように私達は、いろいろなものの命、そして様々な人の助けがなければ生きては行けないのです。

しかしながら自分のことをふりかえって考えてみますと、なかなかこのようにいろいろなものに助けられて生きているということを感じることが出来ずに、毎日の生活を過ごしているのが私たちの本当の姿なのではないでしょうか? ともすれば自分勝手ととられるような生活、自分一人だけの力で生きてきたんだと思いこんでいることではないでしょうか?

私がこの世に生まれてこれたのは二人の両親のおかげであります。私の両親にもそれぞれに二人の親がいます。自分から数えて10代さかのぼると、自分にはなんと1024人という親がいるそうであります。私という存在は、私一人の力で今日まで生きてきたのでしょうか? 私という存在は、両親はもちろん、いろいろな方々、いろいろなもののお世話にならなければ、生きてはこられなかったのです。生きていることは当たり前のことでしょうか? 心臓が鼓動しているのは当たり前のことでしょうか? 

私達は当たり前のように生きているのではない。生かされているのだ。そして心臓が鼓動していることは不思議なことなんだと思える大人になって欲しい。そんな願いがこめられている言葉が今月の主題「照育」であります。こどもたちだけではなく、お父さん、お母さん方も、この「照育」という言葉から、自分が何のためにこの世に生まれさせていただいたのか、また何のために生かされているのかということを自覚して生きていくことはとても大変なこととは思いますが、これを心においてこれからの日暮しをさせていただくと、また違った人生の歩みを運べるのではないかと思うことであります。こどもたちには、在園中に一番身につけていただきたいことであり、現代を生きる私達が忘れてしまっている、とてもとても大切なことであると思うことでございます。よくよく心に刻んでいきたい、そして感じていただきたいと願うことであります。

合掌

▲top

おしらせ

  • 7月2・3日で予定していた「お泊まり会」ですが、現在「まん延防止等重点措置」が出されている中での開催は難しいと判断をいたしました。ただ年長さんにとっては幼稚園生活での大変意義深い行事であります。なんとか形を変えてでも思い出に残ることをしてあげたいと考えています。感染状況を鑑みながら代替案を検討して開催したいと考えております。
  • 「盆踊り大会」については、大勢になることが予想されますことから、今年も中止といたします。代替行事として、昨年も開催した「mini縁日」を園庭にて開催いたします。姉妹園の第2あつべつ幼稚園と合同開催となりますので、密になることを避けて、分散開催といたします。詳細は後日お 知らせいたします。
  • 父母の会主催の「バザー」については、父母の会役員さんとお話し合いをさせていただき開催するか否かを判断させていただきたいと考えています。こちらも感染者数を鑑みながらということになると思いますので、もう少し状況を見守りたいと思っています。
  • 引き続き、手洗い、手指消毒、うがい、暑くなって参りましたが、引き続きマスクの着用など、私達の出来る感染対策をしっかりと講じて参りま しょう。

▲top

行事予定

個人懇談(7日~16日まで)
7日から16日まで個人懇談を行います。
幼稚園でのお子様の様子をお伝えします。自粛期間が長く、お子様もストレスを抱えているかもしれません。お家での様子もお聞かせくださいね。
七夕のつどい 7日
七夕の集いを行います! みんなの願いを短冊に込めてひとり一人に書いてもらいます。
mini縁日 15日
残念ながら今年も「盆踊り大会」を中止します。その代わりに昨年も開催した「mini縁日」を園庭で開催します!浴衣や甚平を着て、夏を楽しみましょう!詳細は後日お伝えしますが、第2あつべつ幼稚園と合同開催となりますので、分散での開催となります。
誕生会 20日
7月の誕生日のお友達をみんなでお祝いします! 夏休み前最後の誕生会となります。
終業式
新型コロナウイルス感染症拡大により今年も1学期はなかなか思ったような活動が出来ませんでした。こども達も我慢が長かったですね・・・。
夏休みは十分感染対策を講じてご家族で楽しい思い出を作って下さい!
始業式は8月20日です!

▲top

▲top