っっっっっd

第2あつべつ幼稚園は札幌市厚別区厚別西にある幼稚園です。

園便りでは日々の園児のようすなどをお知らせします。

サイトトップ > 第2あつべつ幼稚園トップ > 園便り

園便り

11月号

木々の葉が鮮やかに色づき始め、秋の深まりを目と肌で感じられるようになっていまいりました。

2学期後半を迎え、同年齢、異年齢の交流が広がり、異年齢で一緒に活動する中で相手の気持ちに気づいたり、思いやりの心が育まれているようです。

また、その中で自分の気持ちや思いを相手に強く言ってしまったり、自分の思いを伝えられなかったり…等の様子が見られますので子ども1人ひとりの“こころ”の動きをしっかりと受け止められるよう、職員一同精進させていただきます。

お子様のことで何かお気づきの事がございましたらお知らせください。

▲top

11月の保育主題

領解 りょうげ こころがけ

11月は旧の暦では親鸞様が亡くなられた月であり、全国的にも報恩講がお勤めになることが多い時期です。
その親鸞様がお書きになった大切な本の前書きに「聞思(もんし)して遅慮(ちりょ)することなかれ」という言葉が出てきます。
中でも「聞思」という言葉に親鸞様の深い思いを感じることができます。
聞くことはとても簡単なことだと誰でも思います。
しかし、ありのままに聞くことほど難しいことはありません。
どうしても自分本位にしか聞くことができないのが、私たち人間です。
そして、聞いたことを思慮する段になっても、自分本位から離れることができないため、いよいよ自分に次ごうがいいように思い、判断してしまいます。
人それぞれの受け止め方が違うことからいざこざが生じ、喧嘩が始まり、時には傷つけあい、さらには命の奪い合いにまで発展することがあります。
聞き方を間違え、受け止め方が外れるととんでもない方向に進んでしまうのです。
だからこそ、親鸞様は聞くことの大切さに気づいてほしいと、わざわざ私たちに示してくださっているのです。

聞くことは、話すことと同じように乳幼児期に身につけるごく基本的なことです。
基本であるからこそ、大きくなったときに間違った方向にいかないよう、幼いときに正しく身につけるようにしなければなりません。
しかし、これがまたなかなか難しいことなのです。
こうすれば大丈夫とか、これだけのことをやっておけばもう充分といったマニュアルがあるわけではないからです。

考えてみれば、赤ちゃんは話すことができる前にしっかりと効くことを身につけています。
胎教という言葉があるようにおかあさんのお腹の中にいるときからもう充分に聞く姿勢を整えています。誕生してからも、いろいろな音や言葉や音楽を聴くことを経験した後に少しずつ発語するようになってきます。
赤ちゃんは本当に聞き上手なのです。それなのに、言うことを聞かなくなるのはどうしてでしょうか。
それは、子ども達が成長する過程において大人がそういう風に仕向けているからです。
「どうして私の言うことが聞けないの!」とか、「そんなことをしていいと言った覚えはない!」と言った言葉によって、子ども達の思いや行動を否定することで、聞く耳や聞く姿勢を壊しているのです。

いま、子どもは国や地域の宝といいながら、毎日のように子ども達が犠牲になる事件の報道が絶えません。そこには「聞き方を間違えて身につけたまま成長してきた大人の姿」があるように感じます。
親鸞様が「聞思して遅慮することなかれ」とおっしゃった言葉を大切にしましょう。
しっかりと聞き、素直に受け止めることのできる大人、そんな姿を求めていきたいものです。
聞くことは大人として身につけるべき美徳です。

▲top

お願いします

先日、避難訓練でうわぐつのまま戸外に出ましたので汚れました。2学期に入り、3ヶ月程経っていますので、2日(金)にうわぐつを持ち帰りますので洗って5日(月)に持ってきてください。

▲top

ありがとうございました

10月13日(土)の父母の会主催のバザーは、心配していたお天気にも恵まれ、大勢の方にきていただいて買い物をしてくださいました。
皆様には春から準備などで何度も園に集まってくださったり、前日・当日と朝早くから遅くまでお手伝いいただき、本当にお疲れ様でした。また、ご家族の方々にもいろいろなご協力をいただき、ありがとうございました。
父母の会委員の方、本当にお疲れ様でした。遅くなりましたが改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

▲top

おしらせ

新入学児童を対象に(年長組 すみれさん)、各小学校で就学時健康診断が行われます。
対象のお子さんは、その日時間の都合上欠席されても欠席扱いにはなりません。
尚、欠席される場合や早く変えられる場合等の時は事前に園にお知らせください。

▲top

11がつうまれのおともだち たんじょうびおめでとう

11月に誕生日を迎えられるお子さんの誕生会を 29日(木)10:30~ 行ないます。
誕生児のお家の方は10:25までにご来園下さり、一緒にお楽しみください。
6名のお友達の誕生をお祝いします。

▲top

行事予定


老人クラブとの交流会
厚別西老人クラブの方々との交流では、子ども達が厚別西会館に訪問するととても喜んでくださるので子ども達はとても嬉しそうです。
今回は22日(木)の“老人クラブの方を招いての発表会”に観に来ていただこうと、子ども達が招待状を描いて「はっぴょうかいをしますので、みにきてください」と渡してきます。
老人クラブの方招待の発表会 22日(木)
厚別西老人クラブの方との交流として“発表会”を行い、子ども達の歌や踊り、劇等を観ていただきます。
発表会では子ども達の発表を楽しんでいただくと共に、おじいちゃん・おばあちゃん方から温かい拍手をしていただくことで、子ども1人ひとりの自信となることでしょう。
この日は総練習を兼ねていますので、発表会の係の方はお手伝いをよろしくお願い申し上げます。
係の方 よろしくお願いいたします
発表会の係の方は、お忙しいとは存じますが下記の日程で行ないますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
20日(火) 10:30~ 役割分担などの打ち合わせ ご都合が悪く欠席の方はお知らせください。
22日(木) 10:30~ 老人クラブの方招待発表会 発表会総練習
24日(土) 発表会
発表会 24日(土)
2学期半ばを迎え、異年齢や同年齢での活動や交流をとおしてお互いに力を合わせたり、役割分担をしたり、そしてやり遂げた時の辞意實かんを味わったり…等の姿が見られるようになってきております。
また、一つの目的に向かって意欲的に取り組もうとする姿も見られるようになってきております。
この時期に、進級・入園してからの園生活の中で学んできたものをお家の方に見ていただく日として“発表会”を行います。
それぞれ、クラスの中で何を発表するかを話し合い、どのように表現するか…等を考えながら進めております。
これからの活動内容はクラス便りでお知らせしてまいりますが、発表会当日、大勢の方に見られることに喜びを感じる子もいれば恥ずかしさから表現できなくなる子もいます。
発表会当日はそれまでの取り組んでいる日ごろの様子や姿を思い浮かべながら、子ども達の発表会をご覧頂きたいと思います。
厚別通小学校1年生と交流 5日(月)
厚別通小学校の1年生と交流をしています。
5日(月)に全園児で厚別通小学校に遊びに行きます。小学校では発表会に向けて取り組んでいますので、5日(月)は発表会の活動を見せてくれる予定です。楽しみですね。

▲top

平成31年度新入園児募集について

来年度(平成31年度)、入園を希望するお子さま・保護者の方を対象に当園の保育の様子・教育方針・設備・施設などを知って頂こうと、幼稚園を見学して頂く期間を設け、保育を公開致します。この期間見学の予約はいりませんので、どうぞ遊びに来て下さいね。

又、体験入園やお楽しみ会も行いますので、是非いらして下さいね。尚、体験入園は予約が必要ですので幼稚園の方にご連絡下さい。
(厚別幼稚園☎891-2290 第2あつべつ幼稚園☎892-2086)
さらに詳しい内容は園児募集のページをご覧ください。

▲top

▲top